当院で実施ししている自費健診についてのご案内です。

自費健診総論

日本では、何か「病気の症状があって」検査をするのは保険診療になります。検査項目については医師の裁量となり、患者さんの希望だけでは増減する事はできません。

しかし、症状のない時に「健康診断を目的として」検査する場合には全く別になります。希望者は自分で検査項目を選ぶことが出来ますが、健康保険は使えないので全て自費診療となります。

もちろん、健康診断の結果何らかの疾患が発見された場合、その後その疾患の診療には保険が使えます。

なお、ここで挙げたメニューは一例です。皆さんの需要に応じて、自由に内容を組み替えることができますので、お気軽にご相談下さい。

最低限健康診断

「就職の際、会社に提出する健康証明書」程度の内容です。

どちらかと言うと「書類を埋める」ための健康診断です。「きちんと健康状態を調べたい」という人向けではなく、受験や就職の際の書類として診断書が必要なだけという人用です。

費用が安いのが利点ですが、これだけでは本当に最低限の検査で、「体のことを調べた」とはとても言えません。 あくまで書類用とお考え下さい。

なお、受験・就職用の診断書は、提出先によって要求される内容がかなり異なります。血液検査が必要な場合も、該当項目だけに絞った検査ができますので、お気軽にご相談下さい。

【内 容】 基本的な身体検査(身長体重・視力・血圧測定等)
尿検査
診断書
【費 用】
(消費税込)
\5,400
【主なオプション】 胸部レントゲン写真(1方向)を追加すると8,100円となります。

公的健診程度の健康診断

いわゆる「生活習慣病健診」程度の内容です。

公費で行われている「健康診断」とほぼ同じ内容です。

費用も手頃で、ひととおりの「生活習慣病検診」ができますので、定期的・健康チェック的な健診としては最適です。

ただしこれだけでは消化器系・婦人科系がんに関するチェックはほとんど含まれていません(肺がんは胸部レントゲン検査で【ある程度】チェックできます)。

【内 容】 基本的な身体検査(身長体重・視力・血圧測定等)
尿検査
採血検査各種(項目は自由に選べますが、代表メニューとしてA・B・Cの3コースを用意しました)
胸部レントゲン写真(1方向)
診断書

 

「採血検査」の内容は以下の通りです。項目の多さによって3コースあります。
Aコース
(職場健診程度)
GOT/GPT/γ-GTP(以上基本的な肝機能検査)
コレステロール・中性脂肪(脂質異常症の検査)
血糖(糖尿病検査)
血算(貧血等の検査)
Bコース
(成人病・老人健診程度)
Aコース相当分 +
腎機能検査
尿酸(痛風の検査)
血中総タンパク量(栄養状態の検査)
Cコース
(一般的な血液検査全部)
Bコース相当分 +
より詳細な肝機能・胆道系検査
アミラーゼ(膵臓検査)
その他
【費 用】
(消費税込)
Aコース 13,500円,Bコース 14,580円,Cコース 15,660円
【主なオプション】 心電図を追加すると2,160円増しとなります。

この他、ミニ人間ドックなども承っております。

詳細はこちらをご参照下さい。(要Adobe Acrobat Reader